極力抜かない治療|市川市の歯医者|下総中山アール歯科

新型コロナウイルス対策について

駐車場4台 / キッズスペース / バリアフリー

天然歯の保存にこだわり

歯科医師臨床研修 指導医 / 新井小学校 校医

初診予約・お問い合わせ

047-321-4118

千葉県市川市鬼高3丁目27-1(NTTドコモ市川インター店隣)

極力抜かない治療

下総中山アール歯科は極力歯を抜かない治療に努めております

抜かない治療

下総中山アール歯科では、できる限り天然歯を抜かない治療に努めております。全ての症例において必ずしも歯を保存できるわけではありませんが、適切な診断を基に治療法の選定をはじめ、技術・設備を駆使して抜歯の回避に取り組んでおります。以下では、症状別に当院が実施するさまざまな対策をご紹介いたします。

虫歯から歯を守るための下総中山アール歯科4つの取り組み

重症化した虫歯は将来的に歯を抜く可能性が高くなります。下総中山アール歯科では、虫歯の症状に対して適切な処置を施し、抜歯の回避に努めております。

精密機器を駆使した精密根管治療

精密根管治療

重症化した虫歯に施す「根管治療」は、再発防止・抜歯リスク軽減のために精度の高い処置が求められます。当院では狭くて暗い根管の処置精度向上のため、マイクロスコープや歯科用CTなどを用いた「精密根根管治療」に対応しております。

精密根管治療ページ>>

根管治療での細菌管理対策

根管治療

根管治療後の再発を抑えるためには、根管内部に細菌を残さないことが重要です。当院ではラバーダムを使用して治療する歯を隔離し、細菌を含む唾液の侵入防止を徹底。また、炭酸レーザーを用いた根管内の殺菌などにも対応し、細菌管理に努めております。

MTAを用いた覆髄処置

MTA

神経を抜いた歯は脆くなり、将来的な抜歯リスクが高くなるため、歯の内部にまで虫歯が進行した場合にもできるだけ神経を抜かないよう心がけています。症状にもよりますが、殺菌効果のあるMTAセメントで神経を覆い、虫歯菌を不活性化させることで神経の保存を行います。

歯根端切除術の実施

歯根端切除術

歯根の先端部分で細菌が繁殖し、膿袋が形成される症状は抜歯と診断されること多くあります。そこで当院ではこのような症状に対して、歯肉を切開して膿袋の摘出と感染した歯根部分を切除する「歯根端切除術」を実施し、歯の保存に努めています。

歯周病から歯を守るための下総中山アール歯科4つの取り組み

現在、歯周病は歯を失う一番の原因と言われています。重症化すると歯を支える骨が溶け、歯を支えられなくなり抜け落ちてしまいます。以下では、進行した歯周病に対して、歯を守るために当院が実施する取り組みをご紹介します。

精度の高い歯石除去

歯石除去

マイクロスコープを用いて、精度の高い歯石除去を実施します。肉眼の30倍の拡大視野により、歯周ポケット内部の状態を確認しながら、取りこぼしのない的確な処置が可能となります。

歯周組織再生療法

歯周組織再生療法

歯を支える骨が溶けてしまった場合には、エムドゲインゲルを用いた歯周組織再生療法を行います。エムドゲインを塗布することで、歯を支える骨や歯周組織の再生を促し、再び歯を安定させます。

歯周外科治療

歯周外科治療

歯周病症状が進行すると歯周ポケットが深くなり、肉眼での確認が困難な上に通常の器具では適切な処置が行えないため、歯周外科治療を実施します。歯肉を切開し、歯根部分を露出させた状態で歯石の除去と感染した歯肉の切除を行うことで、症状の改善を図ります。

CO2レーザーでの殺菌

CO2レーザー

スケーラーでの歯石除去の後に、CO2レーザーを歯周ポケットの内に照射し、歯周病菌の殺菌をします。歯周病の原因である細菌に直接アプローチすることで、より高い治療効果が期待できます。レーザーには、炎症を抑える働きや治癒促進効果もあるため、歯茎の腫れの軽減などにも効果的です。

その他の症状に対して実施する抜歯回避処置

再植術による改善

再植術

歯の根っこ部分にひびが入ったり、折れたりする「歯根破折」も抜歯と診断されることの多い症状です。歯根破折の場合には意図的に抜歯を行い、感染部位の除去と破折部分の接着をした後に、元の場所に戻す「意図的再植術」で抜歯の回避を図ります。

親知らずの移植

親知らずの移植

やむをえず抜歯となった場合にも、健康な状態の親知らずが残存している場合には、歯牙移植での咬み合わせ回復をご提案いたします。ご自身の歯ですので人工物に比べ、親和性も高く、これまでと変わらず快適に生活していただけます。

親知らずの移植>>

エクストルージョンの実施

エクストルージョン

切削や外傷などによって、歯茎より上の部分に歯質が残存していない状態では、被せ物の安定が見込めず、抜歯と診断される事も少なくありません。しかし、当院ではエクストルージョンを行い、歯茎下の歯を引っ張り上げることでかぶせ物が安定できる歯質を確保し、抜歯の回避を図ります。

エクストルージョン(MTM)によって歯を保存した症例

※MTM・・・Minor Tooth Movement/部分的な矯正

▼歯茎より上に歯質が残っていない歯を、エクストルージョンという部分的な矯正処置によって廷出し、歯を保存した症例をご紹介します。

初診時の口腔内

初診時の口腔内

こちらの患者さまは、過去に治療した右上5番目の歯に違和感を感じるとのことでご来院されました。当該歯には、銀歯が装着されています。

虫歯治療の実施

虫歯治療の実施

銀歯を除去し、内部の虫歯を丁寧に削り取りました。しかし、当該歯の近心(前歯に近い部分)が、歯茎より上に歯質が残っていない状態のため、このままではかぶせ物を安定させることが難しく、保存ができないと判断しました。

患者さまと相談し、歯茎の下に埋まった歯をエクストルージョンによって、引っ張り上げ、土台の歯とかぶせ物がしっかりと安定するフェルールを確保することにしました。

フェルールとは?

フェルールフェルールとは、かぶせ物を装着した際に重なる残存歯質のことです。かぶせ物を装着後にトラブルなく長期維持するためには、残存歯質が歯肉より上に2㎜、厚みが1㎜以上必要とされています。

このフェルールによってもたらされる力の分散をフェルール効果といい、咬合力が分散されることによって、歯根の破折やかぶせ物の脱離、さらには細菌の侵入などを防止することができます。

エクストルージョンの実施

エクストルージョン

歯肉より上に歯質を確保するため、エクストルージョンによる挺出処置を実施。根にフックを埋めこみ、ゴムの力でゆっくりと歯を上に引っ張り上げます。

矯正処置開始から1ヵ月半後

矯正処置開始から1ヵ月半後

3週間に一回のゴム交換をしながら、経過を観察します。

エクストルージョン完了

エクストルージョン完了

矯正処置開始から、約2ヵ月半が経過。歯茎より上に十分な歯質を確保できたため、エクストルージョン完了です。

TEK(仮歯)の装着

TEK(仮歯)の装着

エクストルージョン終了後は、築造形成を行いTEK(仮歯)を装着。2か月ほど経過を観察します。

かぶせ物を装着して治療完了

治療完了

症状も問題なく経過良好のため、採取した歯型を基にCAD/CAM冠(ハイブリッドセラミック)を製作。土台の歯に装着して治療完了です。

年齢/性別 38歳/女性
治療期間 5ヵ月
治療費 66,000円(税込)、被せもの約6,000円(保険治療内)
リスク/注意点 ・経年による色調変化が起こります。
・部分的に過度な力が加わると欠けることがあります。

その他のエクストルージョン(MTM)の症例>>

千葉県市川市にて歯を極力抜かない歯科医院をお探しの方へ

歯を極力抜かない歯科医院

下総中山アール歯科では、患者さまの財産である歯をできる限り維持していただくため、症状に対して適切な抜歯回避処置を実施しております。千葉県市川市で天然歯の保存・抜歯の回避にこだわった歯科医院をお探しの方はぜひ、当院までお気軽にご相談ください。

トップへ戻る