精密根管治療|市川市の歯医者|下総中山アール歯科

新型コロナウイルス対策について

駐車場4台 / キッズスペース / バリアフリー

天然歯の保存にこだわり

歯科医師臨床研修 指導医 / 新井小学校 校医

初診予約・お問い合わせ

047-321-4118

千葉県市川市鬼高3丁目27-1(NTTドコモ市川インター店隣)

精密根管治療

天然歯を抜歯から守る「根管治療」に力を入れております

根管治療

下総中山アール歯科では、再発率の高い重度の虫歯から患者さまの大切な天然歯をお守りするため、根管治療の処置精度向上に努め、マイクロスコープやCTなどの機器を駆使した「精密根管治療」を実施しております。虫歯で何度も同じ場所を治療されている方や将来的な抜歯リスクを軽減されたい方は、ぜひ一度当院の精密根管治療をご検討ください。

根管治療について

根管治療歯の内部には、歯髄(神経・血管)が収まる根管という組織があります。虫歯の重症化によって、根管内の歯髄が虫歯菌に感染すると炎症が起こり、強い痛みを伴いながら歯を内部から破壊していきます。

このような症状を改善し、抜歯から歯を守るための処置が「根管治療」です。根管治療は、根管内の感染物質を綺麗に取り除き、消毒、殺菌後にお薬を詰めて封鎖することで歯を正常な状態へ戻します。

言葉にすれば簡単そうな治療ですが、根管は狭くて、暗い上に複雑な形をしているため、感染物質を綺麗に取り除くのも高い技術が必要となります。さらに、感染物質の取り残しや未処置の根管などがあった場合には高い確率で再発するため、処置精度が重要となる歯科治療なのです。

下総中山アール歯科が実施する再発リスクを抑えた精密根管治療

下総中山アール歯科では、再発リスクを最小限に抑えた精度の高い根管治療を実施するため、さまざまな対策を実施しております。

マイクロスコープで処置精度向上

マイクロスコープ

マイクロスコープを用いた拡大視野の下で、狭くて暗い根管の内部をしっかり確認しながら処置を進めます。根管の未処置や感染物質の取り残しを防ぎ、再発リスクを抑えた精度の高い処置が可能となります。

歯科用CTでの精密検査

歯科用CT

レントゲンでは確認できない病巣の発見をはじめ、処置が難しい特殊な根管や見落としがちな小さな根管を事前に把握することで、より精度の高い的確な処置の実施に努めております。

ラバーダムによる細菌管理対策

ラバーダム

唾液には無数の細菌が存在するため、治療中に根管内に唾液が侵入しないようラバーダムというゴム製のシートで治療する歯を口腔内から隔離します。根管内部の無菌化を徹底することで再発率を軽減することができます。

ニッケルチタンファイルで根管形成

ニッケルチタンファイル

根管の拡大や内部の感染物質を取り除くために使用するのが、ファイルと呼ばれるヤスリのような器具です。当院で使用するニッケルチタンファイルは、柔軟性が高いため、複雑な根管の隅々までしっかりと処置が行えます。

マイクロエキスカで繊細な切削

マイクロエキスカ

根管内部は狭いため、通常のドリルでは精密な処置が困難です。そこで活躍するのがマイクロエキスカベーターと呼ばれるスプーンのような器具です。根管内の感染物質や軟化した虫歯歯質の除去が的確に行えます。

MTAセメントでの根管充填

MTAセメント

感染物質を取り除いた後の空洞を埋める際には、MTAセメントを使用します。MTAセメントは膨張しながら硬化する上、殺菌効果が高いため、根管の緊密な封鎖と無菌化の向上によって、再発リスクを抑えることが可能となります。

CO2レーザーでの殺菌

CO2レーザー

根管内部の無菌化精度向上のため、炭酸レーザーによる処置も行っております。炭酸レーザーを照射する事で、複雑な根管や湾曲した根管内部に存在する細菌を効率的に殺菌することが可能です。ファイルや薬剤での処置に加え、レーザーでの補助によって無菌精度を高めています。

精度の高い被せ物(クラウン)

被せ物

根管治療後の再発を抑えるためには、精度の高い根管治療に加え、適合性の高い被せ物の装着が必要不可欠です。当院では、精密な型取りが可能なシリコン剤の使用や歯肉圧排など、一つひとつの工程を丁寧に行い、精度の高いかぶせ物(クラウン)の作製に努めております。

つめ物・かぶせ物について>>

外科的な処置にも対応して抜歯の回避に努めています

通常の根管治療では、症状の改善が困難な場合においても外科的な処置を実施することでできる限り歯の保存に努めております。

再植術

再植術

神経を抜いた歯は、脆くなり、過度な咬合圧などによって歯根にひびがはいる「歯根破折」になりやすくなります。破折部分から細菌が侵入して、歯茎の腫れや歯槽骨の吸収などを引き起こし、多くの場合抜歯と診断されることとなります。当院では、症状の改善が見込める場合に破折歯を一旦抜歯した後、炎症部を取り除き、歯を接着して元の場所に戻す「再植術」を実施し、可能な限り歯に保存に努めております。

歯根端切除術

歯根端切除術

細菌の繁殖によって歯根の尖端部に膿が溜まる根尖病変は、通常の根管治療では症状の改善が難しいため、外科的歯内療法「歯根端切除術」を実施いたします。麻酔注射後に歯肉を開き、膿の摘出と感染した歯根を切除することによって症状の改善を試みます。外科処置となるため負担は大きくなりますが、抜歯から歯を守るため、必要な場合にはご提案いたします。

市川市で再発率を抑えた精密根管治療をご希望の方へ

精密根管治療

下総中山アール歯科では、再発率の高い根管治療に対して、マイクロスコープやCTなどの有用性の高い精密機器を用いた精度の高い処置に努め、可能なかぎり天然歯を維持していただけるよう心がけております。市川市で抜歯回避の精密根管治療をご希望の方は、ぜひ一度当院へお気軽にご相談ください。

トップへ戻る