矯正歯科(マウスピース矯正)|市川市の歯医者|下総中山アール歯科

新型コロナウイルス対策について

駐車場4台 / キッズスペース / バリアフリー

天然歯の保存にこだわり

歯科医師臨床研修 指導医 / 新井小学校 校医

初診予約・お問い合わせ

047-321-4118

千葉県市川市鬼高3丁目27-1(NTTドコモ市川インター店隣)

矯正歯科(マウスピース矯正)

患者さまのご要望に沿った矯正治療をご提案いたします

矯正治療

下総中山アール歯科は、患者さまのご要望をはじめ、体質やライフスタイルを考慮した適切な方法・矯正装置のご提案を心がけ、見た目の改善はもちろん、理想の咬み合わせを目指した矯正治療を実施しております。現在、歯並びでお悩みの方や咬み合わせに違和感を感じる方は、当院の矯正治療をご検討ください。

数本の歯列改善から全顎的な矯正治療までお任せください

数本の歯並びを整える部分矯正

部分矯正

前歯の隙間や前歯1本の歪みを治したいなど、全体的な歯列は整っているけど数本の歯の状態を改善したい場合にご提案する方法が「部分矯正」です。診断によっては、全顎的な矯正が必要となる場合もありますが、部分矯正は動かす歯の量も少ないため、時間や費用を抑えることができます。

お口全体の歯列を改善する全顎矯正

全顎矯正

お口全体の歯を少しずつ動かすことで、綺麗な歯並び・適切な咬み合わせに改善する一般的な矯正治療です。患者さまの歯並びの状態にもよりますが、約1年~3年と長期的な時間を要して、少しずつ歯を移動させていきます。一般的なマルチブラケット装置や審美性の高い目立ちにくい装置による治療をご提案いたします。

矯正治療を受ける際の注意点

  • 歯の移動に伴う痛みや違和感を感じる場合がございます。
  • 取り外しができる装置は、治療時間を守らなければ計画通りに治療が進まない場合がございます。
  • 矯正治療後は保定装置を使用しなければ、後戻りするリスクがございます。

見た目に配慮した矯正装置を取り揃えております

歯の表面に金属を取り付ける一般的な矯正装置は、審美性が低くお口の中で目立つため、見た目を気にされ、治療に踏み切れない方が多くいらっしゃいました。下総中山アール歯科では、患者さまが気軽に矯正治療を行っていただけるよう、目立ちにくい装置を使用した矯正治療をおすすめしております。

舌側矯正装置

舌側矯正装置

一般的な金属のブラケットとワイヤーを歯の裏側に取り付けて歯を移動させる装置です。歯の表面には何もついていませんので、お口を開けた状態でもほとんど装置が見えることはありません。矯正力も高く、さまざまな歯列の改善に適応しています。

クリアブラケット

クリアブラケット

歯の表面に取り付けるブラケット(留め具)に金属ではなく、目立たない透明な素材を使用した矯正装置です。透明な素材のため、お口を開けた際にも金属のような威圧感もなく、周囲に気付かれにくくなります。形状自体は一般的な装置と同じですので、幅広い症例に適応可能です。

マウスピース型矯正装置インビザライン

インビザライン

矯正大国アメリカで生まれたマウスピース型矯正装置「インビザライン」での矯正治療も行っております。取り外しができる透明なマウスピースを装着して、少しずつ歯を移動させていきます。

気づかれにくい

気づかれにくい

マウスピースは透明ですので、装着していてもほとんど気づかれる事がありません。さらに、薄型ですので装着時の着用感も抑えられ、快適な矯正が可能です。

自分で取り外せる

自分で取り外せる

マウスピース型の装置のため、ご自身で簡単に取り外すことができます。お食事や歯磨きの際にも装置が邪魔になることはありません。※装着時間はしっかり守りましょう

痛みや違和感が少ない

痛みや違和感

事前のシミュレーションによって無理のない適切な計画の基、少しずつ歯を動かしていくため、痛みや違和感が最小限に抑えられます。

改善後の歯並びを確認できる

ご自分の歯がどのように動いて改善されて行くかを3次元動画で確認することができます。最終的な歯並びを確認することで、モチベーションも高く保つことができます。

金属アレルギーの方も安心

金属アレルギー

マウスピース型矯正装置「インビザライン」は、一切金属を使用していないため、金属アレルギーの方も安心して治療に専念していただけます。

通院が少ない

通院が少ない

矯正に使用するマウスピースは、およそ2週間を目安に患者さま自身で取り替えていただくため、歯科医院への通院は1.5~3ヵ月に一回と少なくてすみます。頻繁に通院できない方も安心です。

下総中山アール歯科では歯を抜かない非抜歯矯正を心がけています

非抜歯矯正

下総中山アール歯科では、患者さまの天然歯を極力抜かないことをモットーに診療を行っており、スペース確保のために抜歯されることの多い矯正治療においても、非抜歯矯正を心がけております。当院が歯を抜かないために実施している対策をご紹介いたします。

歯幅を小さくするIPR法

IPR法

IPR法やディスキングと呼ばれる方法で歯の両端のエナメル質を0.2~0.5㎜ずつ削り、適切な歯の移動ができるスペースを確保することで、抜歯を回避します。※エナメル質は0.5㎜以下の切削であれば健康被害はありませんので、ご安心ください。

遠心移動によるスペースの確保

スペースの確保

インプラントアンカーやマウスピース型の矯正装置を用いて、歯を奥歯側に少しずつ動かす「遠心移動」により、矯正に必要なスペースを獲得します。症例によっては時間を多少要しますが、非抜歯で歯並びが改善できる可能性がある場合にはご提案いたします。

市川市にて歯並びや咬み合わせの改善をご希望の方へ

目立たない装置

下総中山アール歯科では、どなたにも気軽に矯正治療を始めていただけるよう、審美性に配慮した目立ちにくい装置を多数取り揃えております。また、審美性だけでなく、極力歯を抜かない事にもこだわり、さまざまな非抜歯対策を実施しております。市川市で歯並びや咬み合わせの改善をご検討中の方はぜひ、当院までお気軽にご相談ください。

トップへ戻る